​司法書士の業務

​司法書士の業務

不動産登記

​司法書士は「登記の専門家」

土地の売買、家の新築、親族への贈与、不動産を担保にした融資、住宅ローンの完済など、不動産は「登記」することによってあなたの権利が守られます。司法書士は、あなたの代理人として適正な登記申請手続きを行うだけでなく、登記の前提となる取引に立会い、的確なアドバイスを行います。

不動産登記

相続・遺言

円滑な相続手続きのお手伝い

相続は誰もが経験する可能性のある法律問題です。相続人は誰なのか、遺産の分け方、遺言書がある、遺産の中に借金がある、相続人に未成年者がいるなど様々なケースがあります。また、将来の相続争いを避けるために遺言を残しておきたいというような場合もあります。司法書士は相続登記や家庭裁判所での手続き、遺言など専門性を発揮して的確にアドバイス致します。

相続・遺言

借金問題

司法書士が生活再建を支援

複数のクレジット会社、金融会社等から借入を行い、生活が破綻してしまい、家族離散など悲惨な結果を招くことが少なくありません。借金の原因は様々ですが、借金問題は必ず法的に解決できます。司法書士は相談者のお話を丁寧にお伺いし、「破産」「個人再生」「任意整理」「特定調停」「過払い金返還訴訟」等、適切な解決方法を助言し、生活再建を支援いたします。

借金問題

日常生活のトラブル

日常生活で発生してしまった法的トラブルを解決

家賃や敷金の問題、職場の悩み、契約の心配事、交通事故、境界紛争など人生には様々なトラブルが起こることがあります。そんな日常のトラブルに遭遇したときは「泣き寝入り」する前に法の専門家である司法書士にぜひご相談ください。法務大臣の認定を受けた司法書士は、140万円以下の民事事件で依頼者の代理人として相手方との交渉や裁判、調停を行います。また、訴状などの書面を作成して本人訴訟のバックアップも致します。

日常生活のトラブル

成年後見

司法書士は成年後見制度の担い手

「成年後見制度」は、認知症や精神障害、知的障害などにより判断能力が不十分な方が人間としての尊厳を保ちながら安心して生活できるように、成年後見人等が財産管理や介護、福祉に関する手続きを代わりに行うなどして、法律面や生活面で支援する制度です。判断能力が衰える前に、将来に備えて後見人を決めておくことも可能です。(任意後見制度)​法律はもとより人権、福祉、医療の分野にまで及ぶ研修を受けた多くの司法書士が成年後見等に就任しています。

成年後見

会社登記・企業法務

司法書士は会社登記と企業法務のスペシャリスト

会社の設立、新規事業の立ち上げ、定款の見直し、後継者への事業継承、事業再建など、企業経営では「会社法」に則った手続きや会社登記が必要になります。また、株主、顧客、取引先、従業員等との関係でも法的な対応が必要な場合があります。司法書士は会社登記の専門家として、適正な登記手続を行うだけでなく、企業法務全般を支援致します。

会社登記・企業法務